>

注文住宅で理想を形にするなら住宅タイプを知ろう!

住宅にはいくつかのタイプがある

理想通りの住宅にする

木造を選択する時の注意

自由度の高い木造の住宅タイプは、従来軸組と呼ばれています。
それを選択すれば、自分たちの好きなデザインを叶えることができます。
しかし、耐震性が低い部分がデメリットと言われています。
この住宅タイプを選択する時は、耐震性のことも考慮してデザインを決めなければいけません。
耐震性が低いとは言われていますが、自分で強くなるデザインにすれば何も問題がありません。

自分たちの希望を入れつつ、耐震性を強化しなくてはいけないのでデザインを考えるのが少し大変です。
業者のスタッフと相談すれば、すぐに決まるのでしょう。
建築のことを知らない人はどうすれば耐震性が強くなるのか分からないでしょうから、スタッフからアドバイスをもらってください。

強い木造の住宅が良い

木造が良いけれど、耐震性が弱いのは困る人が多いと思います。
安全性を重要視している場合は、もう片方の木造の住宅タイプを選択してください。
それは、2×4と呼ばれる形になります。
デザインの幅は狭くなってしまいますが、耐震性が強化される部分が特徴です。
自分好みの住宅にできないと、不安に感じないでください。
ほんの少しデザインの幅が狭くなるだけなので、理想的な住宅にすることができると思います。

またこの住宅タイプは、建設するのが簡単だという特徴も持っています。
ある程度の技術を持っている業者に建設を依頼すれば、綺麗で丈夫な住宅が完成するので安心してください。
他の住宅タイプは難しいので、職人の腕前がクオリティーを左右します。


このコラムをシェアする